メモ書きエクステンド

チラシの裏拡張パック

きょうのウル2 いつものどん詰まりポイントに到達

f:id:ATR-log:20170715115437j:plain

まだ300戦しかしてないんですね。ローカルで兄と200戦くらいやってるけどそれを含めても500程度。
ゲームにも慣れてきましたがPP2000を超えた途端勝てなくなってきて、なるほどこの辺がギルティでいう初段でストVで言うLP1500帯なんだなあと実感。中身はまるっきり成長してないからね。
いつものパターンならここから一切の上達が止まってマンネリしてガンガン弱くなっていきます。幸いウル2はかなりわかりやすいゲームなので今頑張れば長年悩まされてきたこのネズミ返しみたいな壁を超えられるかも。

以下、最近の課題というかお悩みです。

・中級者の飛びが鋭すぎる
エスパーかよ、と試合中に独り言が飛び出てきました。もうすごいの、ちゃんとフェイントも入れてるのに先読みで飛ばれる飛ばれる。PP3000台にして正答率90%以上の飛びを見せてくる相手もいてボコボコです。
対策としてはそもそも飛ばれるようなところで撃たないようにするってことになるんでしょうかね。安直に撃つと先読みされて弱波動でも最速昇竜間に合わないし、歩き大足対空は見て→待って→前に飛ぶ、くらいのめちゃめちゃ安直な飛びじゃないとそもそも合わせるの間に合わないっぽいので。
差し合いのギリギリ外からおもむろに撃つ、以外の波動は封印するくらいの気持ちでやったほうが手癖で出さなくなっていいかも。

・竜巻警戒してるガイルの守りが固すぎる
今まで対ガイル戦ってソニックをぶんぶん振ってくれる相手にしか勝ってなかったんですよ。竜巻合わせてダウン取ってサマソ読んで着地に足払いみたいな作業で食ってるだけで。
これで相手が竜巻警戒してソニックの頻度落としたとしてですよ、そのあとリュウは何をすればいいのか?
思えばソニックの硬直とサマーの着地くらいにしか目立った隙がなく、差し合いは異常な数の移動技とリーチが優秀な足で不利、足を振らせて波動を当てようにも相手が落ち着いてたら最悪見てから弱ソニック相殺で反確。
リュウ側は歩き中足波動が昇竜に化けるし、予防には中足の前に数F棒立ちする必要があるので詰める時は極力波動は撃ちたくない一方、ガイル側はリュウの歩き詰めも波動も「見てから」が間に合う。溜めキャラの強みですね。
じゃあ飛べばいいじゃん、って手にはサマソがあるし、サマソの溜めを潰すにはやっぱり中段を当てに歩いて詰めなきゃいけない…。
リュウの攻め手はどこにあるのか?結局相手のミス待ち、ソニックのタイミングをエスパー、ソニック見てから前歩き強竜巻するだけの胆力と反射神経を身に付ける、以外に何も発見できてないです…。

・起き攻めのバリエーションを増やしたい
最近気付いたんですけど、リュウは起き攻めしまくらないとこれといったダメージソースが無い。波動重ねは安全ではあるけどたった1ドットで仕切り直しなので…。
鎖骨重ね警戒させて早出し空振りから投げとか、大足重ねで布石作って大ゴス移動投げとか、幸い色々とやりようはあるみたいです。この辺を徹底的に勉強するだけでもうちょっと強くなれそうな気がします。
ところで、起き攻めに飛びってありなんですかね?このゲームけっこうな数のキャラが無敵対空持ってるので一見悪手に思えるんですけど、ザンギがよくめくって来ようとするのはいわゆる安飛びというやつで昇竜も潰せるからなんでしょうか(経験上こっちがリバサミスらなければ必ず落ちてくれるけど)。
めくり、安定させられれば攻め継続しやすくて強いだろうけど安飛びじゃないと成立しないなら僕が実戦投入するのはまず無理かなあという思いがあります。キャラごとに起き上がりフレームも違うのに完璧に重ねるってできる人いるの…